monde gris

婚活・結婚・夫婦関係・犬と田舎に移住した生活に役立つ情報をお届けします

夫の女友達の付き合い方

calendar

夫の女友達の付き合い方

結婚したら夫の女友達との付き合い方はどうなる?結婚したら交際を控えてほしいと思う半面、友達関係にまで口出しする筋合いもないと悩むところ。良い夫婦関係でいるために、妻はどのような対応をすればいいのでしょうか。

▼目次

夫の女友達からの誘い

ある新婚夫婦のお話しです。ご主人には、学生時代から親しくしている女友達がいます。普段からLINEをしたりと交流があり、ご夫婦が結婚した際には、その女友達から「奥さんに電話代わって」と言われ、「〇〇(ご主人の愛称)は自分勝手な所があるから何かあったら、私が言ってあげるから相談してね!」と、奥さんより自分が夫に詳しいともとれる事を
言われたそうです。その後、この女友達が結婚することになり、ご主人に招待の連絡がきました。奥さんが日頃から女友達の存在を不快に思っていることをご主人も承知していたので、いろいろ理由をつけて断ったそうですが、女友達から「他の誰よりも〇〇(夫)が来てくれないのは嫌だ」と言われ、「どうしようか・・・」と、わざわざ奥さんに相談してきました。奥さんは「結婚式に行ってほしくない」と伝えたそうですが、そう言って良かったのかとモヤモヤしているとのことです

行かせる?行かせない?

私の答えは「夫に任せる」です。わざわざ、奥さんに報告するという鈍感かつ分かりやすいご主人ですね。奥さんにやきもちを焼いてほしいか、できれば結婚式に参加したいか、なーんにも考えていないか、です。どちらにしても、今後もいちいちストレスになりうるお悩みなので、今のうちにステップアップしましょう!わざわざ、不快に思っている妻に相談してくるズルい夫は早い段階で教育しましょう!行くも行かないも、妻のせいにしています。全ては、夫の判断のもと責任をもってもらいましょう。奥さんがモヤモヤさせられる筋合いはないのです。

夫婦関係のメリット

もし「行かせなかったら」の場合は?

・行かせなかった罪悪感が残る
・夫は行きたかったのでは?と不信感
・自分の余裕のなさに自信をなくす
・奥さんに行かせてもらえないのでは?と女友達に思われる可能性
・今後も同じような事でまた悩む

もし「夫に任せる」の場合は?

・行かせてもいいという余裕感
・不快なのに理解してあげた夫への貸し
・妻がどんな心理なのかを夫に考えさせる

一見、メリットが少ないように感じますが、今後、夫婦生活をしていく上で、充分なメリットになります。夫が「行かない」と言えば、妻は罪悪感はなく、夫の判断に満足できますし、夫が「行く」と言えば、少なからず理解してくれた奥さんに感謝をします。夫を尊重すれば、次のワンランク上の要求ができます。なんでもOKと勘違いさせないためにも、「あなたの判断に任せるわ」のついでに、「私が嫌がる付き合い方はしないでね」と小さな脅迫をしましょう。この小さなやりとりが、夫婦の関係性を育てていきます。
そもそも、自分は妻であり、女友達と比べる対象ではない。大切のされかたが違います。そこは理解してあげましょう。
いちいちイライラするより、こういう小さな機会を夫婦関係づくりに役立てるくらいの余裕をもってくださいね!
私も若いころは相手の家族にさえも、やきもちをやくほどでした。中学、高校、大学、社会と、どのステージに女性は存在しますし、何と言っても、親友が女性という始末。理解できず、否定的になり、だけど、悪いことをしているわけでもないので怒りの矛先がなく、ただひたすらイライラした時期もありました。だから、私が若かったら、今回のようなアドバイスはしなかったかもしれません。今でも、やきもちはやきます。でも、ストレスの感じ方は全く違います。

夫が自分を尊重してくれるのは、自分が尊重しているお返しです。
すべては、自分のためです

縁naviオフィシャルホームページ

ホームページはこちら

お問い合わせ

※「mondegrisのブログを見た」とお伝えいただくとご入会割引がございます
※ 出張・オンラインでも登録、相談もしています
お気軽にご相談ください
お問い合わせはこちら

縁naviのアメーバブログ

アメーバでもブログをやっています。
是非ご覧ください。
アメーバブログはこちら

この記事をシェアする

♪ プロフィール ♪

monde gris

monde gris

「monde gris」へようこそ♪
田舎へ引っ越しして早何年・・・。

現在は、結婚相談所の婚活アドバイザーをしています。
結婚、婚活、夫婦関係、離婚のお話、都会と田舎の両方で生活してきた経験と知識から、さまざまなお役立ち情報を提供できる場を設けられたらと思い、ブログを開設しました♪

みなさん、どうぞよろしくお願いいたします♪

folder 2.愛犬と生きる

老犬の足腰のために
老犬のごはん
more...